守護石の浄化方法

守護石の中にはエネルギーを発する以外にネガティブなエネルギーを吸収する性質をもつ石があります。石の力を最大限に引き出し、維持するためには定期的なメンテナンスが大切といわれています。また石との繋がりを強めるためにもまずお手元に届いたら浄化をおこないリセットいただくことをおすすめしています。
このページではさまざまな浄化方法をご紹介していますが、守護石ジュエリーは金属パーツがあるため、浄化とチャージができる水晶クラスターによる浄化方法を推奨しています。

塩による守護石の浄化

小皿にお塩を盛り、その上に石を置くか、もしくは埋めて一昼夜浄化をおこなってください。この方法は主に石に溜まったネガティブなエネルギーを取り除くために行います。塩による方法はゼロ浄化のみなので、後に太陽光もしくはクラスターでチャージ浄化を行うのが理想的です。

流水による守護石の浄化

流水

流水にさらす浄化方法です。自然水が一番効果的ですが、水道水でも可能です。石を器にいれ蛇口の下にセットして10分ほど水をかけ流します。水の量は弱めで問題ありません。浄化が終わったあとは、柔らかい布などで丁寧に水分を拭き取りましょう。

土による守護石の浄化

石が育まれた大地に埋めることにより、本来の力を呼び戻す強力な方法です。太陽が降り注ぐ明け方から午前中に埋めましょう。3日間埋めるのが理想的です。ただし、ポジティブなエネルギーのある場所で行わないと逆に石の状態を悪くしてしまう場合がありますのでご注意ください。

セージの煙による守護石の浄化

セージ

セージを焚いた煙に石を数回くぐらせる浄化方法です。セージは強い抗酸化作用があり、古くから薬として用いられていたハーブの一種です。浄化力が高く、石だけではなく空間の浄化にも効果があるとされています。すべての石に対応できる方法ですが、火を使用するのでご注意ください。

太陽光による守護石の浄化

太陽光

太陽の光を直接あて浄化する方法です。この方法はゼロ浄化とチャージ浄化を同時に行えます。日の出から午前中の太陽光に10分ほどあててください。太陽光が弱いときは1~3時間が理想的です。明るい窓際においておくだけでも効果があります。

月光による守護石の浄化

月光

月の光があたる場所に石をおき、1~2時間ほどあてておくようにしましょう。直接月光があたる場所か、もしくは窓際でも問題ありません。満月が理想的ですが、新月から満月にかけて満ちていく月の光もよいとされています。浄化とチャージをしてくれる方法です。

クリスタルクラスターによる守護石の浄化

水晶クラスター

小さな結晶がたくさん集まった水晶クラスターで浄化する方法です。ネガティブなエネルギーの浄化とエネルギーのチャージにもなります。寝る前などにクラスターの上に置いておくとよいでしょう。水晶クラスターは石の浄化はもちろん、空間の浄化にも効果があります。

音による守護石の浄化

クリスタルチューナーでクリスタルポイントを軽き、その音を石に聞かせ浄化をする方法です。このクリスタルチューナーが発信する高音の澄みきった美しい音色は”天使界の扉を開く音”と言われる4096Hz。石の浄化はもちろん、空間の浄化にも効果があります。